亀梨和也:NHKドラマ初出演&主演 「正義の天秤」で元外科医の天才弁護士役 “レアキャラ”に「ワクワク」

9月25日スタートのNHK土曜ドラマ「正義の天秤」で主演を務める亀梨和也さん
1 / 1
9月25日スタートのNHK土曜ドラマ「正義の天秤」で主演を務める亀梨和也さん

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが、NHKの土曜ドラマ「正義の天秤」(総合、土曜午後9時)に主演することが7月27日、分かった。亀梨さんはNHKのドラマ初出演にして初主演。亀梨さん演じる元外科医の天才弁護士・鷹野和也が、戦力外のチームを率いて難事件を暴いていく本格法廷ミステリーで、9月25日から放送される。

 ドラマは、大門剛明さんの同名小説(角川文庫)が原作。天才的な思考力と推理力を持つ主人公の鷹野が、名門・師団坂法律事務所に招聘(しょうへい)され、自身の過去にまつわる重大な事件の弁護に臨むことになる……というストーリー。全5回。

 鷹野が所属するのは事務所で刑事部門を担当する「ルーム1」。ルーム1には、創業者の娘で鷹野を招聘した新米弁護士、元ニートで運と要領の良さだけが取りえの弁護士、元判事でプライドが高い女性弁護士、元刑事で妻に先立たれ娘にも逃げられた人情派弁護士がそろう。

 亀梨さんは、演じる鷹野について「元医者の弁護士、なかなかレアなキャラクターですが、原作からいただく人物像と、監督はじめ、スタッフ、キャストの皆さんと作り上げていく、少し(?)特徴的なドラマならではのキャラクター像を楽しみ、ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作り上げていければと思っています」とコメント。

 撮影は7月下旬開始予定で、視聴者には「これから出会うルーム1の仲間たちと共に追い求める鷹野和也の弁護、治療をぜひご覧ください」と呼びかけている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る