正義の天秤:最終話 “天才弁護士”亀梨和也VS“検察庁のエース”萩原聖人 千葉雄大の罪をめぐって火花!

NHK連続ドラマ「正義の天秤」最終第5話の一場面 (C)NHK
1 / 4
NHK連続ドラマ「正義の天秤」最終第5話の一場面 (C)NHK

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務めるNHKの連続ドラマ「正義の天秤」(総合、土曜午後9時)最終第5話が10月23日に放送される。少女監禁誘拐殺人事件の犯人・南野一翔(千葉雄大さん)が、鷹野(亀梨さん)に弁護を依頼する。南野は罪を認めており、争点は無期懲役か死刑かの一点で……。

 担当検事は一ノ瀬(萩原聖人さん)。鷹野は、調査の中で、南野が父親の虐待から逃れるために改名していたことを知る。南野の公判、天才弁護士・鷹野と検察庁のエース・一ノ瀬の火花を散らす弁論が展開される。そして、全ての真相が明らかとなった時、鷹野は弁護士生命をかけた大きな決断をする。

 ドラマは、大門剛明さんの同名小説シリーズ(角川文庫)が原作で、天才的な思考力と推理力を持つ元外科医の天才弁護士・鷹野が、冤罪(えんざい)の悲劇に苦しみながらも、数々の難事件の真相を暴き、事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリー。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る