おかえりモネ:“俺たちの菅波”に「ほれ直したぞー!」 百音に“神対応”「イケ波だった」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第77回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第77回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第77回が8月31日に放送され、菅波(坂口健太郎さん)が電話で百音(清原さん)に語りかけた言葉に注目が集まった。

 第77回では、百音はデートをドタキャンしたことを菅波に謝罪。菅波は百音の事情を聞いており、「そういうときにこっち(菅波)のことを忘れてしまう人の方が、僕は信頼できます」と応じる。一方、菅波は「暇だし近かったので」という理由で、ウェザーエキスパーツに鮫島(菅原小春さん)の血液検査と心電図のデータを持ってきていることを伝える……という展開だった。

 菅波の優しさあふれる対応に対しては、「ほれ直したぞー!」「イケ波だった」「『ポンコツとかつぶやいてすみません』と全力で謝りたくなりました」「菅波先生の神対応に泣いた」「神対応に拍手」「菅波先生、さっすがー!」「大人な対応カッコイイ」と絶賛コメントが続々。

 一方、「暇だし」「近かったので」とさらっと告げてしまう菅波に対しては、「相変わらずの…」「それでこそ俺たちの菅波」「『暇だったんで』は“菅波み”全開」「ちょっと刺してきたな…」「先生また言い過ぎてますよ」と“菅波らしさ”に反応する声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る