TOKYO MER~走る緊急救命室~:恐怖の“水筒爆発”に「トラウマレベル」「MER休暇ください」 予告で喜多見はMER「解散」示唆…(ネタバレあり)

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話が9月5日に放送された。同話の終盤、一つの水筒が爆発したことである人物が死亡し、SNSでは「トラウマレベル」と恐怖の声が広がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第10話では、ある大学で爆破事件が発生し、喜多見(鈴木さん)と音羽(賀来賢人さん)が現場に急行。2人は爆弾が仕掛けられた学舎で重傷者の処置にあたり、公安の協力の元、無事に退避することにも成功する。

 その後、現場に涼香(佐藤栞里さん)がやってくるが、喜多見は涼香が1本の水筒を持っていることに気づく。涼香は「お兄ちゃんの知り合いだって人に預かったの。昔借りたものだから渡してほしいって」と言う。危険を察知した喜多見は水筒を捨てるよう指示。涼香は水筒を投げるが、その瞬間に爆発が起こる……という展開だった。

 同話の急転直下の展開に対して、SNSでは「トラウマレベル」「MER休暇ください」「あってはいけない事が起きた」「涼香ちゃん音羽先生と結婚してほしかったよ」「お願いだから涼香ちゃん戻ってきてくれや…」「しんどい…」と失意に暮れる視聴者が続々。

 また次回予告では、喜多見がMERについて「解散するべき」と話す姿が描かれており、「どうか、MERメンバー解散しないでほしい。祈ってます」「MERを解散すると言わないでくれ」「このまま解散なんて悲しすぎます」「赤塚知事の体調も気になるし…いい方向で終わって欲しいーー」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る