西野七瀬:笑顔で「ハコヅメ」クランクアップ 「皆で笑わないように我慢したり、すごく楽しい現場」と感謝

連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」をクランクアップした西野七瀬さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」をクランクアップした西野七瀬さん=日本テレビ提供

 女優の西野七瀬さんがこのほど、9月15日に最終回を迎える連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ系、水曜午後10時)のクランクアップを迎えた。「町山警察署」刑事課捜査1係の紅一点・牧高美和を演じている西野さんは、刑事課での最終シーンを撮り終え、スタッフから花束を贈られると、ほっとした笑顔を見せていたという。

 西野さんは「最初、刑事モノのドラマと聞いた時に、難しい単語を使ったり、スーツを着たりして、『お堅いドラマなのかな』とイメージしていました。でも、撮影が始まると、刑事課でのシーンでは、皆で笑わないように我慢したり、意外と楽な服装だったり、すごく楽しい現場だなと思っていました。あったかい現場で楽しかったです。ありがとうございました!」と笑顔で感謝を伝えた。

 ドラマは、女優の戸田恵梨香さん、永野芽郁さんのダブル主演。マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の、元警察官の経歴を持つ泰三子さんのマンガ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作で、刑事課の元エース(戸田さん)と、ひよっこ警察官(永野さん)の交番勤務コンビが事件、雑務、恋に奮闘する姿を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る