吉野北人&柳俊太郎:「トーキョー製麺所」店長&バイトリーダーが語る舞台裏 オススメのうどんの食べ方も

連続ドラマ「トーキョー製麺所」に出演する吉野北人さん(左)と柳俊太郎さん
1 / 1
連続ドラマ「トーキョー製麺所」に出演する吉野北人さん(左)と柳俊太郎さん

 MBS/TBSの「ドラマイズム」枠でスタートした連続ドラマ「トーキョー製麺所」で、地上波ドラマ初主演を果たしたダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の吉野北人さん。本作で、ポマードヘアに蝶(ちょう)ネクタイがトレードマークのうどんチェーン店店長・赤松幸太郎を演じている吉野さんと、バイトリーダー・青井春翔を演じる柳俊太郎さんに、撮影の舞台裏や、オススメのうどんの食べ方などを聞いた。

 ドラマは、問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、男女5人が奮闘する姿をコメディータッチに描く“青春グルメ群像劇”。「バイプレイヤーズ」シリーズの宮本武史さんらが脚本、「直ちゃんは小学三年生」の近藤啓介さんが監督を担当する。

 ◇ダサい役に戸惑いも

 ーーご自身が演じるキャラクターの役どころを教えてください。

 吉野さん:赤松幸太郎は元ホテルマンで、髪形が印象的でポマードヘアという濃いキャラクターです。設定として信念を曲げない頑固な熱い、真面目な男なんですけど、ちょっと抜けている部分もあったり。従業員の相談に乗ったり、温かい部分もある、いろんな要素を取り入れたキャラクターです。つかみどころがないような、おかしなヤツです。

 柳さん:青井は、ちょっと不器用なところがありながらも、リーダーとしてお店を回そうとしていて、それだけしかないんです。そこに変わった店長がやってきて、自分のリズムでお店が回らないことにイライラして、ぶつかったりもするんですが、熱い店長にちょっとずつ心をひかれながら、自分の夢に向かって突き進む役です。

 ーーキャラクターの設定を聞いた際の感想は?

 吉野さん:元ホテルマンって、すごいかっこよくて、しっかりしているイメージだったんですけど、監督との打ち合わせで「ダサく演じてほしい」ということを言われ、戸惑いました。今までダサい役を演じてこなかったので、そういったところは戸惑いましたけど、役者として幅を広げられたり、自分の表現力の幅を広げられたりするので、すごく前向きな気持ちでやらせていただきました。

 でも最初は戸惑いましたし、不安でもありましたよね。主演でキャラクターが濃いので、大丈夫かなという不安はありました。ほかのキャストさんに助けられながらやれている部分があるので、今は赤松として楽しんでやれています。

 ーー吉野さんの店長ぶりはいかがですか?

 柳さん:本当にポンコツ店長で、熱いんですけど、ちょっと頑固だし、面倒くさい人なんですよ(笑い)。

 吉野さん:イライラしますよね(笑い)。本当にイライラしているんですよ、多分(笑い)。イライラしているんだろうなと思いながら(演じています)。

 柳さん:間の悪い感じが絶妙なので。

 ーー柳さんはバイトリーダー役ですが、感想はいかがでしょうか?

 柳さん:飲食店でバイトをしたことがなかったので。でもバイトリーダーと言いつつも、結構適当な人間ではあるので、何とかなります。

 ◇コミカルだけどメッセージ性ある作品

 ーー舞台がうどん店ですが、役作りのエピソードをお聞かせください。

 吉野さん:本番前にキャストみんなで本格的なキッチンに立って、一から丁寧に教えていただきました。実際にやってみて、こういうふうにやっていたんだという気づきもあり、知らないことも多かったので、本番前に立てて良かったですね。

 柳さん:暑かったよね? 撮影中もめちゃくちゃ暑くて、湯気がすごくて。

 吉野さん:しかも空調を止めないといけないんですよね。マイクに入っちゃうんで。みんな汗だくで頑張っています(笑い)。

 ーーうどんのオススメの食べ方は?

 吉野さん:僕はシンプルです。かけうどん。かけうどんにワンポイントでゆずコショウを入れて“味変”。

 柳さん:天ぷらとかは?

 吉野さん:あ~、天ぷらいいですね。エビですね、エビ。柳さんは鶏食べていましたよね?

 柳さん:俺は鶏天。あと、冷たいのばっかり食べていたんだけど、釜揚げ食べたら超うまいの!

 吉野さん:全然違いますよね。同じ麺でも。

 ーー吉野さんは地上波ドラマ初主演ですが、率直な感想と、座長としての心構えをお聞かせください。

 吉野さん:心境は「しっかり演じなくちゃ」というところですね。初めての地上波主演で、たくさんの方がご覧になられると思うので、そういった方々にもしっかりと見ていただけるような演技をしたいです。

 座長(の心構え)は、正直分からないです。映画はあるんですけど、ドラマの座長はなかったですし、正直、自分自身でいっぱいいっぱいなので、余裕がない状態だったので。そこは本当に、ほかのキャストさんに助けられました。

 ーードラマの見どころをお願いします。

 吉野さん:このドラマは、キャラクターを含めてすごく非日常的な内容なんですけど、すごく大事なものを提示しているドラマだと感じています。与えられたものをこなすとか、ルールにのっとりやるとか、こういうふうにしたらいいんじゃないかっていうものを、信念を持ってやっている作品です。自分自身であるためにとか、自分の意見を大事にするとか、コメディー要素もありつつ、メッセージ性のある作品になっているので、たくさんの方に見ていただけるとうれしいです。

 柳さん:(見どころは)キャラクターの濃い役柄と、おいしいうどん。コメディーではあるんですが、熱い物語が繰り広げられるので、そこをみなさんに楽しんでもらえたらと思います。

 ドラマはMBS・TBS深夜の「ドラマイズム」枠で放送され、MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜1時28分から放送。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る