青天を衝け:東の渋沢、西の五代がついに! いよいよ両雄の時代? 邂逅に「明治も盛り上がってきた」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第27回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第27回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第27回「篤太夫、駿府で励む」が9月19日に放送され、吉沢さん扮(ふん)する渋沢栄一(篤太夫)と、ディーン・フジオカさん演じる五代才助(友厚)の邂逅が描かれた。

 これまで、“すれ違ったこと”はあったものの、後に実業家として「東の渋沢、西の五代」と称される2人がちゃんと出会い、言葉を交わすのは今回が初だった。五代は去り際、栄一に「薩摩の五代」と名乗る。すると聞き覚えがあった栄一は、相手がパリ滞在中に(当時の)幕府の信用を失墜させた「薩摩の五代」と気づき、慌てて後を追うが、姿を見失ってしまう……という、何とも因縁めいた出会いとなった。

 SNSでは「五代と渋沢が出会った!」「東の渋沢VS西の五代」「いよいよ東の渋沢、西の五代の両雄の時代が~」「東の渋沢 西の五代。明治も盛り上がってまいりました」「五代さんもしっかり栄一と顔合わせしたし、楽しくなりますな。東の渋沢に西の五代ですね」と視聴者は反応。

 また「カッコいいを掛け合わせたら、見てる方がドキドキするだろ」「栄一と五代さん、目の保養だった」「渋沢栄一と五代才助で画面が割れる」「我が家のテレビは辛うじて割れずに済んでる」といった感想も次々と書き込まれた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る