ぴったんこカン・カン最終回:今夜、18年半の歴史に幕 安住紳一郎アナ「さびしい気持ちでいっぱい」

「ぴったんこカン・カン」の司会を務める安住紳一郎アナウンサー (C)TBS
1 / 1
「ぴったんこカン・カン」の司会を務める安住紳一郎アナウンサー (C)TBS

 TBSのトークバラエティー「ぴったんこカン・カン」(同局系)が9月24日に最終回を迎える。司会の安住紳一郎アナウンサーは「本当にさびしい気持ちでいっぱいですが、また新しい挑戦ということで、私のわがままを今回は皆さんが聞いてくださることになりました。皆さんの思いを胸に日々頑張りたいと思っております」と話した。

 「ぴったんこカン・カン」は、久米宏さんがMCを務めた人気バラエティー「ぴったし カン・カン」(同局系)のリメーク版として2003年に放送スタート。安住アナがゲストと共に穴場スポットなどを巡り、そこで起きたハプニングがクイズとして出題された。

 安住アナは「一つの番組を20年近くできるということは、当然たくさんの人の協力、感謝、そして声に出さずとも番組を支えてくださっている、番組に愛情を持ってくださる方たちがいるからこそなしえたことではないかと思っております」と明かし、「また、どこかでお会いできる日を楽しみにしております。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 最終回は、9月24日午後7時~同10時に放送。俳優の香川照之さん、大泉洋さん、女優の米倉涼子さんがゲストとして登場する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る