福原遥:作品続いた2021年「悔しいこともたくさんあった」 主演ドラマ「アンラッキーガール!」で“体当たり演技”「どんどんやりたい」

10月7日スタートの連続ドラマ「アンラッキーガール!」で主演を務める福原遥さん=読売テレビ提供
1 / 8
10月7日スタートの連続ドラマ「アンラッキーガール!」で主演を務める福原遥さん=読売テレビ提供

 女優、歌手、声優としても活躍する福原遥さんが主演を務める連続ドラマ「アンラッキーガール!」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)が、10月7日からスタートする。ドラマは、とにかくツイてなさすぎる“世界一不運”な3人の女性たちが、次々とトラブルに巻き込まれながらも、幸せをつかもうと奮闘する姿を描くコメディー。あらゆる運がゼロの主人公を演じる福原さんは、「なんでも体当たりで、どんどんやっていきたいと思います!」と意気込みを語る。ドラマの見どころや、女優業への思いを聞いた。

 ◇撮影初日から泥まみれ あらゆる運がゼロの25歳に

 ドラマは、“アンラッキーガール”な3人の女性たちが、トラブルに巻き込まれながらも、幸せをつかもうと奮闘する姿を描くコメディー。福原さんが金運を筆頭にあらゆる運がゼロの25歳・福良幸、若月佑美さんが男運、対人運がゼロの31歳・朝倉香、高梨臨さんが仕事運ゼロで無職の35歳・綾波樹に扮(ふん)する。

 また、生瀬勝久さんが弁護士と占い師の顔を持つ謎の男・指宿恵徳(いぶすき・けいとく)、板垣瑞生さんが香の彼氏の桜田卓海役で出演。お笑い芸人のバカリズムさんがドラマの「語り」に初挑戦する。

 今作に主演することが決まったときのことについて、「とにかくうれしかったです。作品もオリジナルで、どういう作品になるんだろうって楽しみで、わくわくドキドキが止まらなかった」と笑顔を見せた福原さん。撮影初日から、泥まみれになりながら、アンラッキーな幸の日常を演じた。ほかにも、ずぶぬれになったり、ケーキまみれになったりすることもあるというが、「楽しみの方が多いです」とにっこり。

 不運なことばかり起きる脚本を読み進めるにつれて、気づいたこともあったといい、「『それって本当に不運なのかな?』『幸せだと思えば、幸せなんじゃないかな?』とか。自分もこういう考え方になればいいんだと、気づかされることもありました」と明かす。

 作品にちなみ、“アンラッキー”な経験を聞かれた福原さんは、「小さい頃に、鳥のフンが頭に乗っちゃったり、みんなでケーキを頼んでも、私のケーキにだけ中に新聞紙が入っていたり(笑い)」と告白。そういう場面では、逆に楽しむようにして、笑い飛ばしているという。

 そんな福原さんは、自身のことを“ラッキーガール”と感じている。「今までの人生、本当に奇跡ばかり起きているなと感じます。この業界にいることも奇跡ですし、今ここに立てているのは本当にラッキーなこと。いろいろな方に支えていただいているので、それがすごい幸せだなと感じます」と感謝の思いを話す。

 ◇作品が続いた2021年 女優業「面白い」

 2005年に子役として女優デビューし、2009~2013年に放送された番組の「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」(NHK・Eテレ)で“まいんちゃん”として注目を集めた福原さん。今年は、スペシャルドラマ「教場II」(フジテレビ系)、連続ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)、主演を務めたテレビ東京の連続ドラマ「ゆるキャン△」の第2シーズンなど、数々の話題作に出演し注目を集めた。

 そんな福原さんに女優業への思いを尋ねてみると、「こんなにいろいろな作品をやらせていただけるのは、本当にありがたいことだと思っています。毎日一生懸命過ごして、作品としっかりと向き合いたいなと感じています」と話す。さまざまな作品に出演することで、「すごい悔しいこともたくさんあった」といい、「全然まだまだだな、というのを今もずっと感じているので、もっともっと、いろいろな作品で学んだことをちゃんと一つ一つ丁寧にやっていきたい」と力を込める。

 女優業は面白く、「ずっとやっていきたい」と思っている福原さんにとって、忘れられない現場がある。菅田将暉さんが主演を務めたドラマ「3年A組~今から皆さんは、人質です~」での経験だ。福原さんは、「敵に回すと一番の厄介」という恋愛体質女子の水越涼音役で出演した。

 「改めてお芝居って楽しいなと思った作品で、悔しいなと思ったのも『3年A組』。みんな自分を削りながら役に入り込んでいて、その情熱を感じて。(芝居の)キャッチボールが本当に楽しくて、刺激的な毎日でした。『ああ、こんなに思いを届け合えるんだ』ということがすごく印象に残っていて、自分の中で『お芝居楽しいな』『もっと頑張りたいな』と改めて思うきっかけとなりました」

 そんな福原さんが全力で臨む「アンラッキーガール!」がいよいよスタートする。「コロナ禍で、幸せを感じられることが少なくなってしまっているんじゃないかなとも思うので、『自分は幸せなんだな』と感じてもらえるような作品になれるように頑張ろうと思います!」と意気込みを語る。最後に、視聴者に向けて「ツイていない女の子3人のお話で、ツイていなさすぎてクスクス笑ってしまう人もいると思うので、そういうところも楽しんで見守っていただけたらうれしいな」と呼びかけた。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る