乃木坂46山下美月:“天然魔性系”女子大生役は「視線の使い方を意識」 「“じゃない方”と感じる瞬間」も明かす

10月11日にスタートする連続ドラマ「じゃない方の彼女」の会見に出席した主演俳優の濱田岳さん(左)と、アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さん(C)「じゃない方の彼女」製作委員会
1 / 17
10月11日にスタートする連続ドラマ「じゃない方の彼女」の会見に出席した主演俳優の濱田岳さん(左)と、アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さん(C)「じゃない方の彼女」製作委員会

 俳優の濱田岳さん主演で、10月11日にスタートする連続ドラマ「じゃない方の彼女」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)の会見がこのほど、オンラインで開催され、濱田さん、アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんが出席。濱田さん扮(ふん)する、既婚者の大学准教授・小谷雅也を振り回す「天然魔性系」女子大生を演じる山下さんは、「好きな人に対しての見方って、なんとも思っていない人と比べたら全然違うと思うので、視線の使い方をすごく意識しながらやっていました」と明かしていた。

 ドラマは、秋元康さんが企画・原作を手がけるオリジナル。特別目立つことはないが、平凡なりに幸せな人生を歩んでいた大学の准教授・雅也(濱田さん)が、小悪魔的な魅力を持つ大学生・怜子(山下さん)と道ならぬ“恋の沼”に落ちていく不倫コメディー。

 山下さんは「怜子ちゃんが雅也を沼に引きずり落としていくことによって、話が進んでいく作品」とドラマを説明。バラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)の連ドラ企画では、“あざカワ”女子を演じ注目を集めたが、今回は、“あざとい”というよりも“ナチュラル”に魅了してしまう役どころということで、「普通の女子大生なので、日常の中で、『なんかすてきだな』と雰囲気があるような仕草をなるべくナチュラルに取り込めるように意識しました」と話した。

 また、どうやったら雅也に好きになってもらえるのか、日々考えながら撮影に挑んでいるといい、「20歳の役なので、子どもっぽく見られすぎないように。でも、若さ故の勢いみたいなものを大切にしながら考えてやりました」と話した。

 そんな怜子を「すごく難役」と表現した濱田さんは、「あざとくならないように、考え始めたら、あざとさが生まれはじめかねない。すごく難しいところだけれど、それをもう(山下さんは)乗り越えられているように僕は感じています」と話していた。

 ドラマにちなみ、「自分で“じゃない方”と感じる瞬間」を質問された濱田さんは、「日々痛感しています」とコメント。「(今作では)女性から好意をグイグイ持たれているシーンが多いですが、それは僕のキャリアの中でもなかなかない出来事。いつものように高嶺の花を狙ってフラれる方が楽だなと思っています」と告白。

 一方、山下さんは「普段、大人数グループで活動をしていて。たとえば、歌番組とかで、自分の方にカメラが向いていると思って、すっごいキメ顔をしてたけれど後ろの子を撮ってた……とか、普段からあって(笑い)。心にちょっと穴があく、みたいな瞬間をたまに感じることがある」と明かしていた。

写真を見る全 17 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る