注目ドラマ紹介:「ドクターX」2年ぶり新作が明日スタート 大門未知子の前に“最強の敵”現る

10月14日スタートの「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ初回の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
10月14日スタートの「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ初回の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の2年ぶりの新作となる第7シリーズが、10月14日午後9時に放送開始する。100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉さん)が新たな戦いに身を投じていく。

 新キャストとして、内科主導の組織改革を推し進める“最強の敵”の内科部長・蜂須賀隆太郎役で野村萬斎さん、縦社会の医局の新たな“御意軍団”の役で要潤さん、永野宗典さん、杉田かおるさん、小藪千豊さん、“ドS”な外科分院長秘書役で結城モエさん、研修医役で一ノ瀬颯(はやて)さん、上川周作さん、宮本茉由さんが出演する。

 初回は拡大スペシャルで、午後10時9分まで放送。ゲストとして、岡田将生さん、冨永愛さんが出演する。ニュージーランドで同国副首相のオペを成功させた未知子は、帰国後に招かれた参議院議員・一橋由華(冨永さん)主催のパーティーで、ニュージーランドで出会った呼吸器外科医・一木蛍(岡田さん)と再会する。

 その矢先、由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に由華に付き添い、搬送先の東帝大学病院で緊急オペを断行しようとするが、そこへ、院長代理として内科部長・蜂須賀が現れる。未知子が何者か知らない蜂須賀は、その腕前に懐疑心を抱きながらも、由華の意向を汲(く)んでオペを許可する。そんな中、由華が主催したパーティーで感染症クラスターが発生し……と展開する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る