おかえりモネ:「ちゃんと話す」りょーちんの“誓い”にドキドキ! でも1・3は大しけ?「フラグじゃないよね…」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第108回の一場面 (C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第108回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第108回が10月13日に放送され、亮(永瀬廉さん)が、未知(蒔田彩珠さん)にあることを“誓う”姿が描かれた。

 第108回では、亮と未知が「喫茶&レストラン シベリア」で会話をするシーンが登場。未知が、「亮くんが海から戻ったら話したいことがある。話したいことっていうか……」と言いかけると、亮は「俺に聞きたいことがある?」と聞き返す。うなずく未知。亮は、「分かった。ちゃんと話す」と応じる……という展開だった。

 「ちゃんと話す」と誓った亮に対して、SNSでは「何を話すんや~」「『ちゃんと話す』は何を話してくれるんだろうねぇ」「優しい表情と声にドキドキが止まらなかった」「決着つける気でいるのか」「何お話するのかなー? 気になるー」「ようやく一歩進めそう」といった書き込みが見られた。

 亮と未知の再会予定日は、1月3日。しかし、亮が漁から戻る日の気仙沼周辺の海では、大しけになる可能性があることから、「大しけの予報…これフラグじゃないよね…」「海が大しけになる予報が…うわぁぁぁりょーちん」「りょーちん大丈夫かなあ…」「フラグ的な胸騒ぎがすごい」と亮を心配する声も上がった。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る