上白石萌音:「カムカムエヴリバディ」はヒロイン3人で「物語は3倍速」 清原果耶から“バトンタッチ”

“バトンタッチ”セレモニーに出席したと上白石萌音さん(左)と清原果耶さん (C)NHK
1 / 15
“バトンタッチ”セレモニーに出席したと上白石萌音さん(左)と清原果耶さん (C)NHK

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の“バトンタッチ”セレモニーが10月22日に、東京都内で行われ、放送中の「おかえりモネ」のヒロイン清原果耶さん、11月1日スタートの「カムカムエヴリバディ」のヒロイン上白石萌音さんが出席。上白石さんは、「カムカムエヴリバディ」について、「すごく温かい人間の愛やつながりが描かれていますので、少しでも穏やかな気持ちになっていただけたらと思います。そして、ヒロインが3人いる分、物語は3倍速で進んで行きます。ぜひ毎日見逃さずに見ていただけるとうれしいです」とアピールした。

 上白石さんは、清原さんについて、「同じ時期に朝ドラをそれぞれ頑張っていたことがすごくうれしくて、お互いに優しい言葉をかけあったり、精が付く食べ物を贈りあったりしていて、本当に心の支えでした。こうして果耶からバトンをもらえてとても幸せです。撮影、本当にお疲れ様でした」とねぎらった。

 恒例のプレゼント交換で清原さんは、上白石さんから「カムカムエヴリバディ」と「おかえりモネ」のロゴが描かれたまんじゅうが贈られると、「ロゴが並ぶととってもかわいいです。とてもすてきなおまんじゅうなので、食べてしまうのがもったいないですが、みんなでおいしく食べたいと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

 「カムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。ヒロインは上白石さん、深津絵里さん、川栄李奈さん。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 「おかえりモネ」は、宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語。

写真を見る全 15 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る