アンラッキーガール!:第7話 “指宿”生瀬勝久、娘の結婚を喜べず “卓海”板垣瑞生、“香”若月佑美を忘れられないでいて…?

女優の福原遥さんが主演を務める連続ドラマ「アンラッキーガール!」の第7話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 5
女優の福原遥さんが主演を務める連続ドラマ「アンラッキーガール!」の第7話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の福原遥さん主演の連続ドラマ「アンラッキーガール!」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第7話が11月18日に放送される。

 弁護士事務所の同僚と喫茶「蓮」に居た指宿(生瀬勝久さん)。居合わせた幸(福原さん)と樹(高梨臨さん)は指宿の弁護士としての一面を初めて見て、指宿がなぜ占いに詳しいのか不思議がる。

 香(若月佑美さん)は、新しい恋人ができたと言ったのはうそだと卓海(板垣瑞生さん)に打ち明ける。卓海は無関心を装うものの、香を忘れられないでいた。

 幸と樹は指宿の弁護士事務所を見に行く。事務所は立派なビルだった。幸は、若い女性・乃理花がビルへ入っていく姿を見かける。乃理花は指宿の娘で、結婚したい人がいると報告に来たのだが、指宿は素直に喜べず……。

 “世界一不運”な3人の女性たちが、次々トラブルに巻き込まれながらも幸せをつかもうと奮闘する姿を描くコメディー。福原さんは金運などあらゆる運がゼロの25歳の幸を演じる。男運、対人運がゼロの31歳・香を若月さん、仕事運ゼロで無職の35歳・樹を高梨さんがそれぞれ演じる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る