カムカムエヴリバディ:松村北斗は「存在感に説得力がある」 “稔さん”人気のワケ

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真稔を演じる松村北斗さん (C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真稔を演じる松村北斗さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、雉真(きじま)稔を演じる人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さんが話題だ。稔は、“初代ヒロイン”安子(上白石さん)の運命を動かしていく大学生。「実直」「真摯(しんし)」「誠実」「清廉」といった言葉が次々と思い浮かぶ、見事なまでの好青年ぶりで人気を博している。ドラマの制作統括を務める堀之内礼二郎チーフプロデューサー(CP)に、稔の人気ぶりについて話を聞いた。

 ◇松村北斗の「昭和が似合う。そこに生きている」感じ

 松村さんが演じる稔は、家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・雉真家の跡取りで、英語が堪能な好青年。稔との出会いが安子の運命を動かしていく……というキャラクター。松村さん自身が醸し出す清潔感も含めて、多くが一度は憧れる「理想の初恋相手」と呼ぶにふさわしい。

 実際に安子と出会ったころから、SNS上では「稔さんは少女が夢に見る理想の初恋相手では!?」「稔さん、理想の初恋相手すぎる…」「理想の初恋相手を絵に描いたような完璧好青年の稔さん」といった意見がつぶやかれてきた。

 放送されるたびに話題となっており、稔さん人気は間違いなく「本物」。堀之内CPは「ツイッターやニュースを見ると、稔さんへの関心が高まっているように思います」と感想を述べ、「普段は『SixTONES』のメンバーとして現代的な、令和の人という感じですが、朝ドラで制服を着ていると『昭和が似合う。そこに生きている』と感じています。画面にもピッタリだし、役柄もピッタリで、存在感に説得力がありますよね」と語る。

 「皆さんもそれを感じていらっしゃるようで、ツイッターでは『昭和顔』というコメントもありますが、『SixTONES』ファンの方から『実はこんな顔もあるんだよ』という投稿もされて盛り上がっていますよね。現代の匂いを消して、昭和の世界に溶け込めるのは、きっと松村北斗さんの影ながらの努力や工夫があってこそ。改めて、俳優としてすごいなと思います」

 ◇ヒロインの相手となる男性の描き方 制作陣も「すごく意識」

 松村さん演じる稔の人気ぶりは、堀之内CPの周囲でも感じられるそうで「『うちの奥さんが稔さんにやられている』という連絡が何件もありました(笑い)」と明かす。「きっと松村さんを知らなかった方もいらっしゃると思いますが、ドラマを見て『誰? SixTONESなの』とビックリする方が多いようです」とも実感。

 前作の朝ドラ「おかえりモネ」でも、坂口健太郎さんが演じている若手医師・菅波光太朗が、ヒロインのお相手として大きな話題となったばかり。

 堀之内CPは「朝ドラは、ヒロインに自分を投影できるような作りになっていることが多いです」と前置きし、「共感してもらうためにも、ヒロインが恋するお相手はすごくすてきであってほしい。脚本も撮り方も、相手役が魅力的に見えるように、すごく意識していますし、そういう方を選ぶようにしています」と語った。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る