青天を衝け:吉沢亮、“千代”橋本愛との最期のシーンは「号泣」 「急すぎたし、めちゃくちゃ苦しかった」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第36回「栄一と千代」の一場面=NHK提供
1 / 4
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第36回「栄一と千代」の一場面=NHK提供

 俳優の吉沢亮さん主演の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(NHK総合、日曜午後8時ほか)第36回「栄一と千代」が11月21日に放送された。同回では、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)の妻・千代(橋本愛さん)が病でこの世を去り、悲しい別れが描かれた。吉沢さんは、「お千代との別れは急すぎたし、めちゃくちゃ苦しかった」と回顧。千代の最期のシーンの撮影では、「ずっと支え続けてくれたお千代とこのシーンを撮ったら終わっちゃうんだ、という寂しさと、シーン自体の重さで号泣しました」と振り返った。

 千代は、栄一と同じ武蔵国血洗島で生まれ、昔なじみの栄一と結婚。控えめで口数は少ないが、心の芯はめっぽう強く、多忙な栄一に代わって渋沢家を守り、内助の功を発揮する女性として描かれてきた。どんな時も気丈に振る舞い、大内くに(仁村紗和さん)の妊娠が発覚した際も、動じることなく、くにに向かって「生まれてくる子供を共に育てましょう」と優しく声をかけてみせた千代。しかし、第36回で病に倒れ、帰らぬ人となってしまった……。

 吉沢さんは「お千代との別れは、つらかったですね」としみじみと語る。「これまで登場人物の死が描かれるときは、とっさま(小林薫さん)にしても、かっさま(和久井映見さん)にしても、悲しみはあるけど、その人生の美しさだったり、授かったものを噛みしめて前を向いていく、前向きな感じではあったと思うんです。でも、お千代に関しては急すぎて、めちゃくちゃ苦しかったです」と撮影時の心境を明かした。

 また吉沢さんに、栄一と千代の思い出に残っているシーンを聞くと、「(千代が死去する前に)2人で語っているシーンも良かったですが、第4回で栄一が千代に夢を語るシーンも思い出です」と話していた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る