青天を衝け:「言葉にならない」「喪失感がやばい」千代の死に悲しみ広がる 「家族も会えないなんて」の声も

大河ドラマ「青天を衝け」第36回の一場面 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」第36回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」第36回「栄一と千代」が11月21日に放送され、栄一(吉沢さん)と千代(橋本愛さん)の悲しい別れが描かれた。

 第36回では、栄一は三菱の独占に対抗するために東京風帆船(とうきょうふうはんせん)会社を設立するが、岩崎弥太郎(中村芝翫さん)の新聞を使った巧みな攻撃に、開業前に敗北してしまう。また、養育院も東京府から事業縮小を迫られ、なかなか前に進めない栄一。その裏で弥太郎は着々と事業拡大を進める。

 そのころ、長女・うた(小野莉奈さん)と穂積陳重(ほづみ・のぶしげ、田村健太郎さん)の縁談が持ち上がり、意気投合した二人は結婚する。しかし、渋沢家が幸せな空気に包まれる中、千代が突然病に倒れてしまう。

 千代がコレラに感染していることを医者から告げられる栄一。千代はその後、子供たちを遠ざけて、一人寝室で療養するが、病状は悪化し、やがて帰らぬ人に……。

 別れのシーンで栄一に、「生きて…ください。生きて…必ず…あなたの道を…」と絞り出すような声で言い残した千代。栄一は何度も「お千代、逝かないでくれ」と、その身にすがったが、願いは届くことはなかった。

 SNSでは「お千代さまーーー!(泣)」「やだやだやだやだやだやだ」「テレビの前で泣いてる。お千代さん……」「つらい(泣)」「言葉にならない」「喪失感がやばい」などと視聴者の間にも悲しみが広がった。

 また、コレラ感染の広がりを防ぐため、千代の遺体がすぐに荼毘(だび)に付されると、「家族も会えないなんて」「近くにいるのに死に目に会えないって、こんなつらい別れないわ」「これはしんどい…マジしんどい」「今の世の中にぶっささる…」「コロナを経た現代では、いまわの際に立ち会えないこの場面が胸にしみる」といった感想も数多く書き込まれた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る