カムカムエヴリバディ:金太の目に輝きが! 雨の中で久々の笑顔「こんなにまぶしいとは」 砂糖抱える姿に涙

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第18回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第18回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第18回が11月24日に放送され、金太(甲本雅裕さん)が笑顔を取り戻す姿に視聴者が胸を熱くした。

 第18回では、安子(上白石さん)が金太のためにおはぎを作るが、金太は払いのけてしまう。だがしばらくして、金太はおはぎのあんこを口に運び、目に涙を浮かべる。外に飛び出して、「たちばな」があった場所へと向かう金太。隠してあった砂糖の缶を抱えて、雨の中「あねんまじいおはぎゅう、供えられたんじゃあ、小しず(西田尚美さん)らも安心して成仏できんわ」と口にして、笑顔を作る……という展開だった。

 金太に対して、SNSでは「雨の中で見つけた砂糖と雨に濡れるお父さんの笑顔が、こんなにまぶしいとは」「金太の笑顔が見れて良かった」「金太の目に再び輝きを帯びた」「雨の中のくしゃくしゃの笑顔、最高でした!」「よけていた砂糖……もう、泣く~」といった感想が続々書き込まれた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る