今週の青天を衝け:第37回「栄一、あがく」 千代を亡くし、憔悴する栄一 三菱との熾烈な消耗戦、その結末は…

大河ドラマ「青天を衝け」第37回の一場面 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」第37回の一場面 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第37回「栄一、あがく」が11月28日に放送される。政府の命により、再び岩崎弥太郎(中村芝翫さん)に対抗するため、海運会社・共同運輸会社が設立された。しかし、栄一(吉沢さん)は、千代(橋本愛さん)を亡くして憔悴(しょうすい)していた。その様子を見かねた知人らの勧めで、栄一は伊藤兼子(大島優子さん)と再婚する。

 共同と三菱が熾烈(しれつ)な競争を繰り広げ、両社消耗していく中、突然、弥太郎が病に倒れる。これ以上の争いは不毛と、五代友厚(ディーン・フジオカさん)は、栄一と弥太郎の弟・岩崎弥之助(忍成修吾さん)との間を取り持とうとする……。

 予告編には「千代を忘れられない栄一」「兼子との再婚」「しのぎを削る争いの結末は…」「栄一、新たな家族とともに」といった文字が映し出されている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る