とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが:「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー第5話 “麻宮”深川麻衣、元カレと再会

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第5話のワンシーン(C)有生青春/祥伝社 (C)TBSスパークル/TBS
1 / 2
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」の第5話のワンシーン(C)有生青春/祥伝社 (C)TBSスパークル/TBS

 連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)のオリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」(Paravi)第5話「元カレと再会! 運命の相手は彼!?」の配信が、11月30日スタートした。

 唯斗(高杉真宙さん)に“友だち認定”されてしまった麻宮(深川麻衣さん)。憂さ晴らしに出かけたバッティングセンターで、高校時代に付き合っていた安井(福山翔大さん)と再会する。

 安井は当時と変わらず、顔もスタイルも性格も運動神経も100点満点で、独身! 麻宮が安井との結婚を想像していると、「(俺が)ホームランを打ったら結婚しよう」と安井が突如宣言する。急展開に戸惑う麻宮は、安井がホームランを打てるよう応援すべきか悩むが……。

 「婚姻届に判を捺しただけですが」は、有生青春さんが「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の同名マンガが原作。清野菜名さん演じる“おひとり様最高!”のイマドキ女子・大加戸明葉が、ひょんなことから坂口健太郎さん演じる堅物で変人のサラリーマン・百瀬柊と偽装結婚する“偽り夫婦ラブコメディー”。

 オリジナルストーリー「とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが」は、本編ドラマの冒頭で百瀬に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後を描く。高杉さん演じる動物病院の看護師で愛されキャラの牧原唯斗も出演する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る