真犯人フラグ:第8話 不倫!? バッシングの標的は“真帆”宮沢りえに “凌介”西島秀俊には同情の声

ドラマ「真犯人フラグ」第8話の一場面=日本テレビ提供
1 / 4
ドラマ「真犯人フラグ」第8話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第8話が12月5日に放送される。凌介(西島さん)の妻・真帆(宮沢りえさん)と、凌介の新居を担当する住宅メーカーの営業マン・林(深水元基さん)の密会写真がネット上で拡散され、炎上。凌介を心配する大学時代の同級生・河村(田中哲司さん)は、林への接触を試みる。

 マスコミは、真帆の不倫を半ば決めつけて報道。バッシング対象は真帆と林に移り、凌介は不倫された夫として同情されるように。だが、凌介は真帆の不倫はありえないと部下の瑞穂(芳根京子さん)に断言。真帆を強く信じる凌介だが、瑞穂と、娘・光莉(原菜乃華さん)の彼氏・一星(佐野勇斗さん)は、失踪事件が真帆の計画の可能性もあると考え、真帆と林の関係を調べ始める。

 真帆の実家はマスコミに取り囲まれ、凌介は外に出られなくなった義理の両親のために駆け付ける。

 夜道を1人で歩いていた瑞穂は、誰かにつけられていることに気づいて振り返るが、誰もいない。必死に走って逃げるが……。

 2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公の闘いを描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る