ラジエーションハウス:映画化決定、来年4月29日公開へ 窪田正孝、本田翼、広瀬アリスら主要キャスト続投

2022年4月29日公開の映画「劇場版ラジエーションハウス」のティザービジュアル (C)2022 横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会
1 / 1
2022年4月29日公開の映画「劇場版ラジエーションハウス」のティザービジュアル (C)2022 横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

 俳優の窪田正孝さん主演の人気ドラマシリーズ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)が映画化されることが12月6日、分かった。「劇場版ラジエーションハウス」と題して、2022年4月29日に公開される。窪田さんのほか、本田翼さん、広瀬アリスさん、山口紗弥加さん、遠藤憲一さん、浜野謙太さん、丸山智己さん、矢野聖人さん、八嶋智人さん、鈴木伸之さん、和久井映見さんら主要キャストが続投することも発表された。

 ドラマは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」が原作。病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師らの活躍を描く医療ドラマ。シーズン1は、2019年4月期にフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送され、現在、シーズン2が「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」として同枠で放送されている。

 映画では、窪田さん演じる主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(いがらし・いおり)ら「チームラジハ」のメンバーが、史上最大の困難に立ち向かう。唯織たちが、ラジエーションハウスの外へと飛び出すことになるという。ドラマの演出を手掛ける鈴木雅之さんがメガホンをとり、大北はるかさんがドラマに引き続き脚本を手掛ける。

 映画のティザービジュアルも公開され、「別れだけは、視えなかった。」というキャッチコピーと共に、雨に打たれる唯織のりりしい表情が写し出されている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る