婚姻届に判を捺しただけですが:“唯斗”高杉真宙の恋を応援する声続々 「良い奴すぎる」「切なくて可愛い」

連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第8話のワンシーン(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」の第8話のワンシーン(C)TBS

 女優の清野菜名さんがヒロインを務め、俳優の坂口健太郎さんも出演する連続ドラマ「婚姻届に判を捺(お)しただけですが」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が、12月7日に放送された。明葉(清野さん)に思いを寄せる唯斗(高杉真宙さん)が、百瀬(坂口さん)に「いい加減に気づけよ。アッキーのことが好きだって」と語る場面が登場。視聴者からは、「唯斗くん良い奴すぎる」「百瀬の明葉への気持ちを気付かせ、背中を押す場面の表情やしぐさに、唯斗は高杉さんしか演じられないと思った」などの声が上がった。

 第8話では、告白をして、晴れて百瀬と両思いに……と思った明葉だったが、百瀬は、自分の気持ちも明葉の気持ちも“ラブ”ではなく“ライク”だと思い込む。“本当の気持ち”を全く理解していないことが分かった明葉は、我慢の限界で家出してしまう。

 一方、百瀬の元には、唯斗がやってきて、百瀬の家にしばらく泊めてもらうことに。そんな中、「明葉さんに出会って、初めて気づいたんです。自分の気持ちを理解してくれる人がいるって、こんなにうれしいことなんだって」と、明葉への思いを語り始めた百瀬。

 明葉に思いを寄せる唯斗は、「だったらなんで大切にしないんだよ」と声を荒らげ、「いい加減に気づけよ。アッキーのことが好きだって」と話すのだった。それでも美晴(倉科カナさん)が好きだと言い張る百瀬に、唯斗は「なら俺、告りますよ。今度アッキーに会ったら好きって言いますから」と宣言して……。

 SNS上では、「ハンオシ、高杉回だった。まじかっこいい」「唯斗くんさ、良い男すぎるよ」「唯斗くんが切なくて、そして可愛い」「唯斗くんを応援したい!」「唯斗くんのほうがいいんじゃない? 普通に。 いい子だし、明葉とも合うでしょ」などのコメントが並んだ。

 高杉さんの演技について、「ほんとに繊細な深みのある演技をする」「高杉真宙くんとても演技お上手ね……どのシーンも表情が良い」という意見も上がっていた。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る