カムカムエヴリバディ:ロバートが日本語ペラペラで「ビックリ」 「パニックになると飛ぶ」と共感の声も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第29回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第29回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第29回が12月9日に放送。米軍将校・ロバート(村雨辰剛さん)が日本語を流ちょうに話す場面があり、視聴者を驚かせていた。

 第29回では、12月25日。街には、サンタクロースの格好をした進駐軍の米兵たちがお菓子を配り、子供たちや親子連れを楽しませていた。この日も安子はおはぎの行商をするが、クリスマスの盛り上がりの前に、当然売れ行きはよくなく、途方に暮れる安子。その前に、先日助けた米軍将校・ロバートが再び現れる。安子はロバートに招かれ、進駐軍のオフィスでロバートと話をすることに……。

 前回登場した際は、花を買いたくても英語が通じず困っていたところ、安子に助けてもらったロバート。しかし、今回は安子と日本語で会話を楽しんでいた。日本語は少し話せるというが「でも慌てるとうまく話せません。あのときも……」と説明する一幕も。

 SNSでは「日本語ペラペラなのビックリ」「思いのほか流ちょうに日本語をしゃべる」「ほぼ日本語完璧」といった反響があったほか、「慌てるとぜんぶ抜けるの分かる」「パニックになると言いたいこと飛ぶよね」と共感の声も寄せられていた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る