カムカムエヴリバディ:るいのあだ名「サッチモ」が話題 由来気づいたジョーに「さすがジャズマン」の声

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第43回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第43回の一場面 (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第43回が1月3日に放送。るい(深津さん)がジョー(オダギリジョーさん)から「サッチモ」と呼ばれる場面があった。

 第43回では、るい(深津さん)がジャズ喫茶で出会ったのは、クリーニング店を時々訪れていた「宇宙人」だった。「ジョー」と呼ばれたその男の正体は、ジャズトランぺッター。楽器仲間のトミー(早乙女太一さん)とジョー一筋のベリー(市川実日子さん)のやりとりに巻き込まれたるいだったが、店を出ようとしたところを、マスターの木暮(近藤芳正さん)に声を掛けられる……という展開だった。

 「サッチモ」は、ドラマの重要楽曲「On the Sunny Side of the Street(オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート)」などで知られる、トランペット奏者ルイ・アームストロングの愛称。ジョーは、るいがクリーニング店で「るいちゃん」と呼ばれていたことを思い出し、「サッチモのルイちゃうの?」と見事に名前の由来を当ててみせた。

 SNSでは、「サッチモのるい?」「さすがジャズマン、るいというだけで、サッチモ、ルイ・アームストロングと気が付くなんて」「ルイ・アームストロングの愛称が『サッチモ』と初めて知りました」と反響を呼んだ。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る