優香:ドラマ「ムチャブリ!」で松田翔太と“旧知”の経営コンサルタントに 高畑充希の心をざわつかせる

連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」で桧山凛々子を演じる優香さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」で桧山凛々子を演じる優香さん=日本テレビ提供

 女優の高畑充希さん主演で1月12日に始まる連続ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」(日本テレビ系、水曜午後10時)。30歳の出世欲なし、彼氏なし、「今のままでいいのか?」と思い悩むベンチャー企業社長秘書・高梨雛子(高畑さん)は、ある日突然、子会社社長に任命される。雛子が、生意気な部下・大牙涼(志尊淳さん)とカリスマ上司・浅海寛人(松田翔太さん)の板挟みになりながらも仕事と恋に突き進むオリジナル作だ。ここでは、優香さん演じる桧山凛々子を紹介する。

 ◇“浅海”松田翔太を「この人」呼び

 凛々子は、38歳のフリーランスで活躍する経営コンサルタント。同い年の浅海とは旧知の仲で、子会社社長に任命された雛子の前に浅海の紹介で現れる。浅海を「この人」と呼ぶなど親しげに話し、雛子の心をざわつかせる。

 ◇初回ストーリー

 クリスマスイブ。雛子に、いつものように浅海から突然の電話が。社内募集していた新規事業企画に「応募しろ」という、いつもの無理難題だ。雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の年号を平成から令和に書き換えただけで提出。なぜか採用され、子会社設立の記者会見の場で、雛子は突然、社長に任命される。

 右も左も分からないまま、浅海の買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1カ月でリニューアルオープンするよう命じられる雛子。部下として配属されるも、自身の新規事業企画が雛子に負けたことに納得していない様子の生意気な若手社員・大牙たちと共にレストランへ向かった雛子。だが、店が買い取られたことを知らなかったシェフの古賀道夫(神保悟志さん)らは猛反発し、雛子は就任早々、大ピンチに陥り……。

テレビ 最新記事