高岩成二:“ミスター平成仮面ライダー”が配信ドラマで初の“顔出し”主演 マスクオフで坂本浩一監督とタッグ 

ドラマ「グッドモーニング、眠れる獅子」で“顔出し”主演を務める高岩成二さん
1 / 3
ドラマ「グッドモーニング、眠れる獅子」で“顔出し”主演を務める高岩成二さん

 平成に放送された特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズで数々の主役仮面ライダーのスーツアクターを務め、“ミスター平成仮面ライダー”として知られる高岩成二さんが、映像配信サービス「ひかりTV」のドラマ「グッドモーニング、眠れる獅子」に主演することが明らかになった。高岩さんは初の“顔出し”主演。これまでにも「仮面ライダー」シリーズでタッグを組んできた坂本浩一監督がメガホンをとる。

 ドラマは、50歳を過ぎて入社してきた新人の芸能マネジャー・九條和真が、ヒロインの売れないアイドル・綿貫玲実を狙う謎の集団「グリムリーパーズ」と戦いを繰り広げる物語。玲実に煙たがられ、邪険にされている九條を高岩さん、女優志望の玲実をアイドルグループ「日向坂46」の渡邉美穂さんが演じる。プロデューサーは「仮面ライダーW」などを生んだ塚田英明さん、脚本はWOWOWの新人シナリオ大賞を受賞した光益義幸さんが手掛ける。

 高岩さんは「この度の作品で『主演で…』と塚田プロデューサーに聞かされたとき、正直…(またまたぁ…ありがとうございますぅ)と半ば冗談かと思い、現実味がなく思ってました(すみません)」と告白。「ですがスケジュールなどを聞かれるようになり(えっ…マジか…)と。ならば! この機会をいただけたことに感謝し、体張らせてもらおうと意気込んでます!」と話した。

 また「坂本浩一監督とは平成仮面ライダー以来! 当時はスーツアクターでしたが 今回は『アクター』として! 照れくさくもありますが 共演してくださるキャストの皆さん、スタッフの皆さんと楽しい作品を作り上げて行きたいと思います」と明かした。

 一方、坂本監督も「高岩さんとガッツリとタッグを組ませてもらいます! 仮面を取って大暴れする高岩さんを想像するとワクワクが止まりませんね(笑い)」とコメント。「業界的にはほぼ同期、アラフィフの自分たちが今までの経験と知識をフルに活用して本気で挑むエンターテイメント活劇! 1970~90 年代のボディーアクション全盛期に刺激を受け、スタントマンとして体を張ってきた自分たち。まだまだ若い人たちに負けませんよ~(笑い)。ぜひご期待ください!」とアピールした。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事