オダウエダ:「THE W」女王がドラマ初出演 「自分たち2人だけでやる劇場とは大違い」 「逃亡医F」第3話ゲストに

連続ドラマ「逃亡医F」第3話にゲスト出演するオダウエダ=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「逃亡医F」第3話にゲスト出演するオダウエダ=日本テレビ提供

 昨年「女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)」で優勝したお笑いコンビ「オダウエダ」が、連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが1月25日、明らかになった。2人がドラマに出演するのは初めて。29日放送の第3話で、藤木圭介(成田さん)と沢井美香子(森七菜さん)が身を寄せる喫茶店「すずらん」に訪れる客を演じる。

 植田紫帆さんは「ワンカットの撮影のためにカメラが何台もあって……すごくたくさんのスタッフさんがいて、すごく緻密なものを作られているんだなと驚きました。自分たち2人だけでやる劇場とは大違いで、新鮮でした」とコメント。

 小田結希さんは「今日のために役作りも頑張ってきたんですが、せりふも一行ずつだったので……」と笑いを誘いつつ、「私たちの出演シーンもぜひ楽しみに見ていただけるとうれしいです」とアピールした。

 ドラマは、伊月慶悟さん原作、佐藤マコトさん作画の同名マンガ(Jコミックステラス)を実写化。恋人殺害のぬれぎぬを着せられ、指名手配された天才脳外科医・藤木が、逃亡の日々を送りながら、満足な道具も設備も無い中で人命を救うため奮闘する姿を描く。

 第3話では、香川(升毅さん)の店に残された美香子のもとに藤木から連絡が入る。指定された路線バスで藤木と落ち合った美香子は、事件のカギを握る都波教授(酒向芳さん)が店に現れたら、自分に連絡してほしいと告げ、再び美香子の前から姿を消すが……と展開する。

テレビ 最新記事