鎌倉殿の13人:次週第14回副題は「都の義仲」 義仲の活躍に焦る頼朝

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第14回場面カット 「俺は悪逆非道の平家を決してゆるさない」と宣言し、兵を鼓舞する木曽義仲(青木崇高さん) (C)NHK
1 / 10
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第14回場面カット 「俺は悪逆非道の平家を決してゆるさない」と宣言し、兵を鼓舞する木曽義仲(青木崇高さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。4月10日放送の第14回の副題は「都の義仲」で、あらすじも公開された。

 ◇以下、ネタバレがあります

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

 第14回は、嫡男・義高(市川染五郎さん)を鎌倉へと送った木曽義仲(青木崇高さん)は、平家の追討軍を撃退して上洛(じょうらく)。敗れた平宗盛(小泉孝太郎さん)は、三種の神器とともに都を落ち延びる。

 義仲の活躍に焦る源頼朝(大泉洋さん)であったが、義仲と後白河法皇(西田敏行さん)との関係が悪化すると、弟・義経(菅田将暉さん)を大将とし派兵することを決断。しかし、利益のない戦に御家人たちが不満を募らせる。そんな中、義時(小栗さん)は……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事