鎌倉殿の13人:「めちゃ美形!」“源義高”市川染五郎に視聴者熱視線 「後の悲劇を思うと気が重い」の声も

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義高を演じる市川染五郎さん (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源義高を演じる市川染五郎さん (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第13回「幼なじみの絆」が4月3日に放送され、歌舞伎俳優の市川染五郎さんが、源義高(冠者殿)役で登場した。

 染五郎さんは大河ドラマ初出演。演じる義高は木曽義仲(青木崇高さん)の嫡男。尊敬する父の命に従い、人質として鎌倉に。頼朝(大泉洋さん)の愛娘・大姫(南沙良さん)の若きフィアンセとなり、政子(小池栄子さん)から温かく迎えられる。

 画面に姿を現すとSNSでは、「市川染五郎、むちゃむちゃ美形じゃん! まじでびっくり!!」「ホント、美少年よねー。うっとり」「市川染五郎くん、めちゃ美形だな」「市川染五郎殿のお顔があまりに美しすぎるのですがどうしてくれませう」などと視聴者は反応。

 一方で、義高が悲劇的な運命をたどることから「義高くんが美少年で今後の展開がよりつらいよおお」「義高爽やかで後の悲劇を思うと気が重いです。また史実を無視してゼンジーにやられそう」「どうか、どうか、この麗しい義高様が、善児には殺されませんように」といった声が早くも上がっていた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事