鎌倉殿の13人:ストーカー、ここに極まれり? 義時「八重さんの背中が幸せそうなら、私は満足」 視聴者「小四郎ーーーー」(ネタバレあり)

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第13回場面カット (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第13回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第13回「幼なじみの絆」が4月3日に放送された。同回では、八重のことを一途(いちず)に思い、鎌倉と江間を往復する日々を送る義時(小四郎、小栗さん)の姿が描かれた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

 第13回では、政子(小池栄子さん)が男児を出産し、頼朝(大泉洋さん)の嫡男誕生に沸く鎌倉であったが、頼朝の浮気が大騒動に発展。激怒した北条時政(坂東彌十郎さん)は伊豆へと戻り、これを比企家の好機と捉えた能員(佐藤二朗さん)は源義経(菅田将暉さん)らに近づく。

 そんな中でも、鎌倉と八重のいる江間を往復する日々を送る義時。八重に半分ストーカー扱いされながらも、「私は好きなのです、八重さんの笑っている姿が。いつか、八重さんに笑いながら『おかえりなさい』と言ってほしい」と思いを伝える。

 迎えた終盤、木曽から戻った義時は、またも土産を手に八重の元へ。「私と八重さんは幼なじみ。私の思いはあの頃からずっと変わりません。私はそれを大事にしたい。八重さんに振り向いてもらいたい。そんな大それたことはもう考えません。振り向かなくても構わない、背を向けたいのなら、それでもいい。私はその背中に尽くす。八重さんの背中が幸せそうなら、私は満足です」と告げると、とうとう八重も「お役目、ご苦労様でございました。おかえりなさいませ」とほほ笑んでみせた。

 SNSでは義時と八重のやりとりに対して「鎌倉殿の初恋をこじらせた男」「なんかアオハルみwww」「あっ。好感度ポイント入った…」「小四郎前向きなストーカー宣言しやがった」「ストーカー、ここに極まれり」などと反応。

 うれし泣きする義時には、「小四郎! 八重ちゃん、笑って『おかえりなさい』って言ってくれたよ!」「小四郎ーーーー良かった小四郎うううううううう!」「とうとう八重さん根負け」「小四郎、良かったね。小四郎…」といった感想の声が次々と上がっていた。

テレビ 最新記事