ちむどんどん:ダチョウ倶楽部・肥後克広が出演 「ちゅらさん」以来21年ぶり朝ドラ 沖縄出身「名誉」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に第6回から出演するお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の肥後克広さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に第6回から出演するお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の肥後克広さん (C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第6回(4月18日放送)から、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の肥後克広さんが出演することが4月15日、明らかになった。2001年度前期に放送された「ちゅらさん」以来、21年ぶり2度目の朝ドラで、ヒロインの母・優子(仲間由紀恵さん)が働きに出る工事現場の親方を演じる。

 肥後さんは「沖縄出身としては名誉です。仲間由紀恵さんとは何度か共演していますが、久しぶりに会うときれいになられてビックリしました。沖縄出身で良かったです」と喜ぶ。

 また「沖縄ことば指導の先生に、『肥後さんがいて良かったです。最高です』と褒めてもらいました。だが、たまに監督が『OK!!』出しても沖縄ことば指導の先生が、『ダメダメ、NG。肥後さん、標準語になっている!』と録(と)り直しになりました」と明かしつつ、「結果、最高の演技ができたと思います。肥後さんの最高の演技力の朝ドラ、ぜひ見てください。ぐびりーさびたん」と語った。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん、子供時代は稲垣来泉さん)と、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る