どうする家康:23年大河ドラマ、“古沢脚本”&新鮮なキャストで「新しいものに」 折り返しは本能寺の変

2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」で主演を務める松本潤さん(C)NHK
1 / 1
2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」で主演を務める松本潤さん(C)NHK

 松本潤さん主演で2023年に放送されるNHK大河ドラマどうする家康」の制作統括・磯智明チーフプロデューサーが4月15日に取材に応じた。物語について、「家康が亡くなるまで全部やります。その予定で話を作っています」と語った。構成については、「基本的に山場の連続ですが、折り返し地点は本能寺の変、伊賀越えの辺りになると思います」と話した。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが、初めて大河ドラマの脚本を担当する。

 磯さんは古沢さんの脚本について「(セリフ回しは)現代ドラマっぽくはなく、大河ドラマっぽいです」とコメント。家康役の松本さんをはじめとした新鮮なキャスティングについて、「今回のキャスティングのような方々が古沢良太さんの脚本でどう見えるかが挑戦。いろいろ考えましたがそこまで視聴者に媚(こ)びず、大河ドラマのスタイルを貫きつつ、古沢良太さんの脚本と新鮮なキャストをどう噛み合わせるのかを考えながら、結果新しいものにできれば良いなと思っています」と話していた。

テレビ 最新記事