金田一少年の事件簿:令和版“一”道枝駿佑「じっちゃんの名にかけて!」 視聴者「きたー!!」「大感動」と大盛り上がり OPも「バチくそかっこいい」と話題に

連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 8
連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さん主演の連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が4月24日、初回30分拡大で午後10時から放送された。ドラマは、天樹征丸さん、金成陽三郎さん作、さとうふみやさん作画の同名マンガ(講談社)が原作の人気ミステリーシリーズで、2014年以来、約8年ぶりに復活。主人公・金田一一(きんだいち・はじめ、道枝さん)の名ぜりふ「じっちゃんの名にかけて!」が登場し、視聴者は「きたー!!」と盛り上がった。

 「金田一少年の事件簿」は、名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生の一が、祖父譲りの推理力で難事件を解決する姿を描く。ドラマ版は1995、96年に「KinKi Kids」の堂本剛さん、2001年に「嵐」の松本潤さん、05年に「KAT-TUN」の亀梨和也さん、13、14年に「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演作が放送された。

 道枝さんは「12歳の時に、テレビで見た4代目『金田一』の山田涼介くんに憧れて、自分で履歴書を書いてジャニーズ事務所に送りました。『金田一』は、僕がジャニーズ事務所に入るきっかけとなった作品ですし、事務所に入ってからもずっとやりたいと言い続けてきた思い入れの強い作品」と話しており、ファンからは「みっちーがじっちゃんの名にかけてのせりふをついに……」「ほんとに夢がかなったんだね」「大感動」といった声も上がった。

 また、なにわ男子が歌う主題歌「The Answer」が流れるオープニングは、一の周りでキツネの面をつけたダンサーたちが踊る演出で、「オープニングから最高」「おしゃれだったー!」「バチくそかっこいい」と話題になった。

 第2話は「聖恋島殺人事件 前編」。5月1日午後10時半から放送。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事