ちむどんどん:“博夫”山田裕貴が初登場 “良子”川口春奈との関係に朝からムズキュン「これからの二人にちむどんどん」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で山田裕貴さんが演じる石川博夫(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で山田裕貴さんが演じる石川博夫(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第12回が4月26日に放送された。第11回では名前のみの登場だった、ヒロイン一家の長女・良子(川口春奈さん)の学生時代からの友人・石川博夫(山田裕貴さん)が初登場。2人のやり取りに、視聴者の注目が集まった。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。2022年に本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 第12回では、良子が、大学時代の勉強会の仲間たちの博夫や東江里美(松田るかさん)らと共に、新しくできた名護のハンバーガーショップへ。博夫と文通している良子は、里美たちが席を離れている間も、2人でおすすめの本の感想を語り合うなど楽しい時間を過ごす。

 しかし、良子は自分だけ短大だったということや、里美たちと違って家計を支えるためオシャレもできないことに引け目を感じている様子で、時折どこか暗い表情を見せる。また、里美の博夫への積極的な発言にも、気にかかるような素振りを見せた。

 互いにどこか意識しているような良子と博夫に、SNSでは「朝からムズムズキュンキュン。これからの二人にちむどんどん」「良子との進展が楽しみ」「博夫くんと良子ちゃんにニヤニヤしちゃったw 博夫くん良い人そうで良かった」などと視聴者の声が上がった。

 また、これまで数々の教師役を演じてきた山田さんに「山田裕貴さんは教師役が板に付いてきた」「陰のある教師でも変態でもサイコ教師でもない。普通に良い人そうで賢そうなメガネ山田裕貴だ……嬉」「どうかダメ人間やドヘンタイ教師じゃありませんように……(それは別のドラマ)」といったコメントも見られた。

テレビ 最新記事