高橋文哉:本田翼主演の連ドラ「君の花になる」で7人組ボーイズグループのリーダーに 歌、ダンスに初挑戦

連続ドラマ「君の花になる」に出演する高橋文哉さん (C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「君の花になる」に出演する高橋文哉さん (C)TBS

 俳優の高橋文哉さんが、女優の本田翼さん主演で10月にスタートする連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが5月5日、明らかになった。同日、ドラマのSNS公式アカウントで発表された。高橋さんは、7人組ボーイズグループの一員で、リーダーでセンターの佐神弾(さがみ・だん)を演じる。

 ドラマは、主人公の寮母・仲町あす花(本田さん)と個性豊かな7人のボーイズグループの共同生活を描くオリジナル作。グループは実際にデビューし、期間限定で活動する。ドラマの主題歌や劇中歌を担当するほか、ストーリーと連動したライブ、イベントを行う。

 メンバーは4日から発表されており、高橋さんで7人が出そろった。高橋さんのほか、宮世琉弥さん、綱啓永さん、山下幸輝さん、森愁斗さん、NOAさん、八村倫太郎さんが出演する。

 高橋さんが同局のドラマに出演するのは、2021年放送の連続ドラマ「最愛」以来、1年ぶり。歌、ダンス共に初挑戦となる。高橋さん演じる弾は、一匹狼に見えて、若さと青さが残り、仲間思いだが、“ツンが多めのツンデレ”というキャラクター。

テレビ 最新記事