鎌倉殿の13人:破滅への道を歩む義経 後白河法皇が“承認欲求の強さ”巧みに利用 「兄弟の仲を裂くのなんて簡単」

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第17回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第17回の一場面 (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。5月1日放送の第17回「助命と宿命」では、一の谷の戦いで平家を敗走させた源義経(菅田将暉さん)が、後白河法皇(西田敏行さん)から「検非違使」に任官されるシーンが描かれた。

 戦場における義経の活躍ぶりにご満悦の後白河法皇。丹後局(鈴木京香さん)が「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし。崖を馬で駆け下りたそうな」と付け加えると、義経は「それぐらいやらなければ奇襲とは申せません」とここぞとばかりに手柄をアピールする。

 そこで後白河法皇は「わしの思いを形で示したかったのだ」と、義経を「検非違使」に任命。「検非違使になって、京の安寧を守ってくれ」と伝える。頼朝(大泉洋さん)の外交官として、朝廷との交渉役を任されている中原親能(川島潤哉さん)は、すかさず「恐れながら九郎殿(義経)は、鎌倉殿(頼朝)から任官推挙が出ておりません」と進言するが、後白河法皇は「頼朝は忘れてよい」との言葉でその場を収めてしまう……。

 弁慶(佳久創さん)らの前で「検非違使に決まったぞ!」「法王様は私のことが大好きだと仰せられた」と喜びを爆発させる義経。SNSには「頼朝の許可なく勝手に官位もらっちゃった」「ああああ…どうみてもフラグ!」「法皇にしたら兄弟の仲を裂くのなんて簡単だ」「これで義経は鎌倉へ帰還できなくなってしまったよ…」「あー、義経くんが破滅への道を歩んでいく」「義経は承認欲求の塊だからなぁ。ここから後白河法皇とつながって頼朝と距離が出てくるんだろうな」といった感想が次々と書き込まれた。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る