小栗旬:菅田将暉の言葉が大河出演を“後押し” 「自分のことを考えてくれる大事な存在」

小栗旬さん
1 / 1
小栗旬さん

 俳優の小栗旬さんが、5月7日に放送されたトーク番組「土曜スタジオパーク」(NHK総合)にVTR出演した。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)で主演を務める小栗さんは、共演する菅田将暉さんの言葉が出演のきっかけになったことを明かした。

 2人はこれまでにも共演経験があり、小栗さんは「意外と彼に相談することもある」と関係性を告白。大河ドラマ主演を引き受けるか悩んでいた際にも、菅田さんから「そういうところで戦っている小栗さんの姿を見せてもらえると自分には励みになります」と言葉をかけてもらい、決断する一つの要因になったと語った。

 そんな菅田さんは、小栗さんにとって「大事な存在」だといい、「年下だけどいつもちゃんと自分のことを考えてくれる」と感謝を口にした。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る