ナンバMG5:第5話 市松高校アタマ役で柳俊太郎 “吟子”原菜乃華は勉強に励む

連続ドラマ「ナンバMG5」第5話の一場面(C)フジテレビ
1 / 10
連続ドラマ「ナンバMG5」第5話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)第5話が5月18日に放送される。難破剛(間宮さん)が帰宅すると、見知らぬ男が上がりこんでいた。男の正体は、他校のヤンキーたちにも恐れられている市松高校のアタマ(トップ)・陣内一久(柳俊太郎さん)だった。

 剛の母ナオミ(鈴木紗理奈さん)の手料理でもてなされた陣内は、帰り際に兄の猛(満島真之介さん)に名前を尋ねられる。陣内は名乗ると、途中まで送ると一緒に出た剛に「調子に乗んなよ、特服」と言い放つ。

 剛の妹・吟子(原菜乃華さん)は、高浜一中3年の佐藤淳一(小田将聖さん)と知り合う。親しくなった吟子は、ひょんなことから勉強を教えてもらうことになるが、佐藤はヤンキー嫌いだった。

 剛は伍代直樹(神尾楓珠さん)と大丸大助(森本慎太郎さん)に、陣内が訪ねてきたことを明かす。陣内が市松のアタマだと伍代に教えられて驚く剛。伍代は陣内の“ヤバい伝説”を語り……。

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)。ヤンキー一家に生まれた主人公・剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」をするドタバタを描く。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画