それ忘れてくださいって言いましたけど。:市川実日子主演のパラビオリジナルドラマ 第5話「ティッシュ問題 タオル問題」

Paraviオリジナル「それ忘れてくださいって言いましたけど。」第5話の一場面(C)Paravi
1 / 1
Paraviオリジナル「それ忘れてくださいって言いましたけど。」第5話の一場面(C)Paravi

 女優の市川実日子さん主演の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」オリジナル連続ドラマ「それ忘れてくださいって言いましたけど。」第5話「ティッシュ問題 タオル問題」の配信が5月21日に始まった。

 ミカコさん(市川さん)、ナツさん(夏帆さん)、ヨウコさん(吉田羊さん)、チカさん(唯野未歩子さん)が盛り上がっていると、学者風の男(北村有起哉さん)が店に。

 怪しい雰囲気に素性が気になるミカコさんら。名刺を受け取ったことを機に、彼の専門の物理学や常識だと思ってることについて聞いたことのない話を聞くことになり……。

 脚本は太田麻衣子さん。太陽にまつわる予言がネットで拡散された、ある日の下北沢のカフェ「CITY COUNTRY CITY」を舞台に、1話15分で描く“ノンストップ会話劇”だ。市川さんはカフェでアルバイトする役者のミカコ役。カフェのオーナーで、ギターを手にいつも歌っているオーナー・ソカベ役をロックバンド「サニーデイ・サービス」の曽我部恵一さんが演じている。

テレビ 最新記事