金田一少年の事件簿:第5話「トイレの花子さん殺人事件」 “一”道枝駿佑らが廃病院で肝試し 中川大輔&田辺桃子らゲスト出演

連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第5話の一場面=日本テレビ提供
1 / 6
連続ドラマ「金田一少年の事件簿」第5話の一場面=日本テレビ提供

 人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さん主演の連続ドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第5話「トイレの花子さん殺人事件」が5月29日に放送される。中川大輔さん、田辺桃子さん、篠原悠伸さん、小野寺晃良さんが、美大生役でゲスト出演する。

 佐木(岩崎大昇さん)は、親戚の営む民宿に一(道枝さん)と美雪(上白石萌歌さん)を連れて行く。そこで合宿中の美大生4人から、一たちは肝試しに誘われた。舞台は30年前に閉鎖された病院。トイレには入院患者だった少女「花子」の霊がいて、声を掛けた者は殺されるという怪談があった。

 肝試しは10分間隔で女子トイレ奥の花子さんの個室へ向かい、「花子さん遊びましょう」と言った後、缶の中のピンポン球を取ってくる、というルール。クジの順番通りに進むが、最後に出発した伊能(中川さん)が帰ってこない。

 一たちはトイレの床に花子さんの墓へ続く血痕を見つけるも、インクと判明。伊能のいたずらと考えた。しかし翌朝、伊能の死体が発見されて……。

 原作は天樹征丸さん、金成陽三郎さん作、さとうふみやさん作画の同名マンガ。名探偵・金田一耕助の孫で高校生の一が祖父譲りの推理力で難事件を解決する姿を描く。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事