満島真之介:「涙を止められなかった」 「ナンバMG5」クランクアップで間宮祥太朗と“熱い抱擁”

「ナンバMG5」クランクアップで涙を流す満島真之介さん(C)フジテレビ
1 / 3
「ナンバMG5」クランクアップで涙を流す満島真之介さん(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)で、主人公の難破剛(間宮さん)の兄・猛を演じた満島真之介さんがこのほど、クランクアップを迎えた。間宮さんは涙を流しながら満島さんに花束を渡し、満島さんも「剛の姿を見たら、涙を止められなかった」と話した。

 満島さんが演じた猛は、千葉では誰もが知るヤンキー一家の長男。地元のヤンキーたちから「カリスマ」と称された最強の男だった。しかし、高校卒業後の主な収入源はパチンコで家族からはニートといじられている。義理人情にも厚く、曲がったことは大嫌い。時におちゃめな顔を見せるキャラクター。

 満島さんが最後に撮影したのは、剛が家族にうそをついていたことを許せない猛と、大好きな兄に理解してもらえないことに悔しさをにじませる剛のシーンで、猛と剛が対峙(たいじ)する場面だった。

 2人はクランクアップを迎えて熱い抱擁を交わした。満島さんは「クランクアップした瞬間、喜怒哀楽では捉えられないほどの感情が体中からあふれて震えていました。明るく終わるつもりだったんですが、全然だめでしたね。あんなにも子どものように泣く自分を見せたのは初めてですよ」とコメントした。

 続けて「難破家は永久に不滅! 必ずまた、パワーアップして戻ってきますから! 難破最強! 難破最高! 間宮くん、本当にありがとね」と語った。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画