元彼の遺言状:“篠田”大泉洋の事件、ついに真犯人が明らかに 視聴者「マジで許せない!!」(ネタバレあり)

連続ドラマ「元彼の遺言状」第10話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「元彼の遺言状」第10話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の綾瀬はるかさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)第10話が6月13日に放送され、篠田敬太郎(大泉洋さん)が容疑をかけられている「十ヶ浜強盗殺人事件」の真相が明らかになった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 事件は6年前にある港町で起こった。当時、篠田はミステリー作家になるのを夢見ながら料理人として働いていた。ある日、村にあるリストランテ「プロメッサ」で開かれたパーティーに助っ人として参加。しかし、準備で徹夜明けだったため店外で眠ってしまい、目覚めたら主催者の小笠原仁美(田山涼成さん)が死んでいた。

 小笠原は土地を担保に金を貸して住民を支配。返済できずに町を追われた住民も多かった。そんな中、パーティーで小笠原が町にリゾートホテルを建設しようとしていることが発覚。小笠原は住民たちから無理に土地を奪い、開発業者に売り渡そうとしていた。

 診療所の医師・高瀬(東根作寿英さん)は怒りに震え、衝動的に小笠原を殺害。だが、住民たちにとって、高瀬は失いたくない存在だった。そこで、パーティーの参加者全員で篠田に罪を着せたのだった。

 SNSでは「街全体がおかしいとは思ってたけど、そんな真実……」と驚きの声が上がり、「篠田を犯人に仕立て上げるなんて」「町人ぐるみなのはマジで許せない!!」といったコメントも書き込まれた。

テレビ 最新記事