舘ひろし:「鋼の錬金術師」キング・ブラッドレイの生き方に共感 「何かを背負って生きているという意味では同じ」

映画「鋼の錬金術師 完結編」でキング・ブラッドレイを演じた舘ひろしさん
1 / 3
映画「鋼の錬金術師 完結編」でキング・ブラッドレイを演じた舘ひろしさん

 荒川弘さんの人気マンガ「鋼の錬金術師(ハガレン)」が原作で、人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんが主演を務める実写映画シリーズの完結編が、「鋼の錬金術師 完結編 復讐(ふくしゅう)者スカー/最後の錬成」(曽利文彦監督、5月20日・6月24日公開)として2カ月連続で公開される。アメストリスの大総統キング・ブラッドレイ役の舘ひろしさんに、役作りやブラッドレイというキャラクターについての印象などを聞いた。

 ◇原作再現度の高さはビジュアル面だけでなく内面でのこだわりも

 2017年公開の実写映画の続編は、2部作で原作の最終話までを描く。前編となる「復讐者スカー」は、かつて国軍によって滅ぼされたイシュヴァールの民の復讐のため、国家錬金術師の抹殺を誓う“傷の男(スカー)”(新田真剣佑さん)が、エド(山田さん)と対峙(たいじ)する……というストーリー。後編「最後の錬成」は、ホムンクルスたちの生みの親“お父様”(内野聖陽さん)との戦いや、その後のエドとアル(水石亜飛夢さん)、仲間たちの物語が展開する。

 --キング・ブラッドレイは、ビジュアル面も含め再現度がとても高く感じられます。何かこだわったポイントはありますか。

 衣装も決まっていましたのでスタッフの方の力が大きいと思います。ただ汽車から降りてくるファーストシーンで、帽子をかぶって降りたいと言ったのですけど、監督からOKが出なくて。監督のおっしゃる通りに帽子なしでやったのですが、歩いて去って行くところだけは最後の抵抗で帽子をかぶって行きました。

 --ブラッドレイはアメストリス軍の最高責任者であると同時に、「憤怒」のホムンクルス(人造人間)“ラース”でもあるという二面性のあるキャラクターですが、内面的に部分で意識したのはどのようなことでしょうか。

 自分が人間でありながら、ホムンクルスにさせられたというか。それを背負っている部分はやっぱりあると思います。その部分はどこかで出していきたいなと思って演じていました。特に何をというのではなく、意識の中でやっていくという感じですね。

 --ブラッドレイの存在感や威圧感を見事に体現されていましたが、何か工夫されたことなどはあるのでしょうか。

 そう感じてもらえるのは、スタッフの皆さんが用意してくれる衣装などがそういうふうにさせるのでしょうね。私は何も意識することはなかったですね。

 --ブラッドレイの生き方に共感できるポイントはありますか。

 人っていつも何かを必ず背負っていると思います。ブラッドレイは人間でありながらホムンクルスにされた自分の運命みたいなもの背負って生きているけど、だからといってそれを否定するわけでもない。そういうことは普通の人間にもあって、それぞれがそれぞれのことを背負って生きているという意味では同じかなと感じました。

 ◇マンガ原作ならではの役作りと難しさ語る

 --三田紀房さんのマンガが原作の実写映画「アルキメデスの大戦」で山本五十六を演じられていましたが、マンガ原作の作品に出演するというのはどう思われていますか。

 「アルキメデスの大戦』の山本五十六は実在した人物がモデルなので、今回のように実在しないマンガキャラクターをやるのはまた違いますね。デビュー当時にやった「男組」というマンガの流全次郎(ながれ・ぜんじろう)もそうでしたけど、マンガを超えるというのはなかなか難しいところはあると思います。

 --その他の作品と比べて、役作りなどで何か違いはあるものでしょうか。

 基本的にはマンガはそこに絵があるので、そういう意味では語弊を恐れずに言うと絵に“しばられる部分”と、それと別にはもっと“膨らませていく部分”と両方ありますね。

 --マンガ原作の作品に限らず、役作りで大切にしていることがあれば教えてください。

 実はあまり役作りというのは気にしていません。台本をもらって役を大体イメージしますが、それと同時に役をちょっと否定する部分を少しどこかで意識する。ただ書かれている部分だけじゃなく、それを否定していく部分も少し意識しながら役を作っていくという部分はありますね。

 ◇“エド”山田涼介の躍動感を絶賛

 --撮影中に何か思い出に残っているエピソードはありますか。

 すごく暑かったことはよく覚えています。ブラッドレイはかなり厚手で真冬のコートのような感じなので、暑い中で着ていると立っているだけでも大変でした。アクションシーンでは脱いでいたので良かったですけどね。

 あと現場にはいつもコーヒーを持っていくのですが、山田さんと(セリム・ブラッドレイ役の)寺田心君に、「どうぞ」というのもありました。

 --そのアクションシーンでは二刀流アクションも披露されています。

 二刀流というのは本当に難しい。スタンドインの方の力も借りつつ、アクションは一生懸命やりましたから見ていただければ。マンガに少しでも近づけていればいいなと思っています。

 --山田さんと共演されてみて、いかがでしたか。

 すごく躍動感があります。僕がストーリーをしっかりと理解ができていない部分があっても、そういったことを関係なく魅せてしまう力がありますね。映像もそうですけど、それはやっぱり山田さんの力だと思います。

 --ご自身以外の出演者で「鋼の錬金術師」の世界観にマッチしていたと感じたのは誰ですか?

 やっぱり山田さんでしょうね。キャラクターにすごくマッチしていると思います。それと(グラトニー役の)内山(信二)さんかな。頭がボコボコって動いちゃって、彼はすごいなと思いました。

 --最後に、ブラッドレイとして一番注目してほしいポイントを教えてください。

 ブラッドレイに見えるように頑張りましたので、その頑張り具合を見ていただければうれしいです。(取材・文・撮影:遠藤政樹)

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事