岩田剛典:「シャーロック劇場版」舞台あいさつで故郷・名古屋に凱旋 ディーン・フジオカ「名古屋の宝、岩ちゃんが出ています!」

名古屋で行われた映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の舞台あいさつに登壇した岩田剛典さん
1 / 4
名古屋で行われた映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の舞台あいさつに登壇した岩田剛典さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんが6月20日、名古屋市内で行われた映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」(西谷弘監督)の公開記念舞台あいさつに、ディーン・フジオカさん、西谷監督と共に出席した。岩田さんは「名古屋に帰ってくることができて、とてもうれしく思っています」と名古屋での舞台あいさつが実現した喜びを笑顔で口にし、ディーン・フジオカさんも「何より、岩ちゃんの地元に一緒に里帰りができた」とうれしそうな様子で「名古屋の宝、岩ちゃんが出ています!」と映画をアピールした。

 舞台あいさつ登壇の前に3人でひつまぶしを食べたといい、ディーン・フジオカさんが「『岩ちゃん食べ方教えてよ!』って教えてもらったんですけど」と話し始めると、岩田さんが「お店の人に怒られましたね。店によって違うんですよ」とひつまぶしの食べ方の話題で盛り上がった。

 岩田さんは最近も、番組の撮影やツアーで名古屋に来ていたとしつつ「プライベートで帰ってくることがなかなかなくて、墓参りとかも行けてなくて、近々行きたいなと思います」と話すと、司会者から「名古屋は特別ですか?」と聞かれ「生まれ故郷なので、帰って来られてうれしいです」と重ねて喜びの気持ちを伝えた。

 上映後の舞台あいさつだったため、観客からの質問に答えるティーチインが行われ、多くの観客が手を挙げたり、メッセージボードを胸に抱えてアピールしていた。選ばれた質問者は鑑賞後の感動を声を震わせながら伝えていた。この日が誕生日という観客が指名されると、岩田さんが「お誕生日おめでとうございます」と声をかけ、ディーン・フジオカさんも「誕生日おめでとうございます」と重ねてお祝いの言葉を贈った。会場からも拍手が起き、マイクを持った質問者は涙声で感謝の気持ちを伝えていた。
 
 映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」は2019年に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」の映画版。世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン・フジオカさん演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田さん演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、唯一無二の名探偵バディーとして数々の難事件を解決するストーリー。劇場版では瀬戸内海の閉ざされた島に住む華麗なる一族の闇に迫っていく。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事