AKB48・小栗有以:令和版「パパとムスメの7日間」で主人公の親友役 松本怜生も出演

ドラマ「パパとムスメの7日間」に出演する小栗有以さん(左)、松本怜生さん(C)TBS
1 / 1
ドラマ「パパとムスメの7日間」に出演する小栗有以さん(左)、松本怜生さん(C)TBS

 女優の飯沼愛さんが主演を務め、TBSの「ドラマストリーム」(火曜深夜0時58分)枠で7月26日から放送されるドラマ「パパとムスメの7日間」に、「AKB48」の小栗有以さん、俳優の松本怜生さんが出演することが6月23日、分かった。小栗さんは小梅(飯沼さん)の親友・中山律子、松本さんは小梅が思いを寄せる先輩・大杉健太(長尾謙杜さん)の親友・小関智弘を演じる。

 ドラマは、2007年に舘ひろしさん主演、新垣結衣さん、人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさん共演で放送された人気ドラマのリメーク版。小梅と父・恭一郎(眞島秀和さん)が入れ替わり、元に戻れる日を信じて奮闘する。意中の健太と結ばれたい小梅、健太に娘を奪われたくない恭一郎、小梅より恭一郎の性格に惹(ひ)かれる健太という「パパとムスメとカレ」の奇妙な三角関係ラブコメディーだ。

 小栗さんが演じる律子は、いつも明るく元気で友人も多く、キラキラ輝くサッカー部のマネージャー。一方、松本さんは、ABEMAの人気番組「オオカミ」シリーズの最新作「彼とオオカミちゃんには騙されない」に出演し人気を集めた。今回演じる智弘は、健太と同じサッカー部で、律子とは中学生のときから付き合っているという役どころ。

 小栗さんは「大人気ドラマのリメーク版に出演できることをとても光栄に思います。ストーリーにも多く関係してくる重要な役を演じさせていただくということで、しっかり律子としてこの作品を盛り上げたいと思います!」と意気込む。

 松本さんは「この作品の見どころであるパパと小梅と健太の三角関係を後押ししたり、時にかき乱したり、そんな立ち位置を律子と楽しみたいと思います」とコメントした。

 動画配信サービス「Paravi」「U-NEXT」でも、19日正午から先行有料配信される。

テレビ 最新記事