どうする家康:猫背椿が徳川家臣団の“お調子者マネジャー”に 酒井忠次の妻・登与役

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で登与を演じる猫背椿さん=NHK提供
1 / 1
2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」で登与を演じる猫背椿さん=NHK提供

 松本潤さん主演の2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」に女優の猫背椿さんが出演することが6月30日、明らかになった。猫背さんは、徳川家臣団のマネジャーの登与(とよ)を演じる。ドラマの公式ツイッターで発表された。

 登与は、酒井忠次(大森南朋さん)の妻。家康(松本さん)不在の岡崎城を裏方として支え、切り盛りしてきた。個性的な家臣団を支えるマネジャーのような存在でもあり、夫婦一緒に「えびすくい」を踊るお調子者。瀬名(有村架純さん)や家康の母・於大と集まっては、他愛もない世間話に花を咲かせる。

 猫背さんは「家康家臣団のお調子者マネジャーとのことで、大森南朋さん演じる忠次をしっかり支えつつ、でしゃばらない面白をこっそり目指したいと思います」と意気込んでいる。

 「どうする家康」は一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く、スピード感あふれる波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作となる。

テレビ 最新記事