中山美穂&寺脇康文:波瑠主演「魔法のリノベ」初回にゲスト出演 ドラマ初共演で夫婦役

連続ドラマ「魔法のリノベ」の初回にゲスト出演する中山美穂さん(左)と寺脇康文さん=カンテレ提供
1 / 4
連続ドラマ「魔法のリノベ」の初回にゲスト出演する中山美穂さん(左)と寺脇康文さん=カンテレ提供

 女優の中山美穂さんと俳優の寺脇康文さんが、波瑠さん主演で7月18日スタートの連続ドラマ「魔法のリノベ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の初回にゲスト出演することが2日、分かった。2人は今作がドラマ初共演で、築60年の一軒家のリノベーションを依頼する夫婦役を演じる。

 ドラマは、星崎真紀さんの同名マンガが原作。大手リフォーム会社の営業エースだったが、わけあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた真行寺小梅(波瑠さん)と、営業成績ゼロの工務店の長男で「バツ2」のシングルファーザー・福山玄之介(間宮祥太朗さん)がコンビを組み、さまざまな問題を抱える依頼人たちに住宅リノベーションを提案していく。

 中山さんが演じるのは、文芸雑誌の編集長・西崎万智。キャリアウーマンで、費用対効果をきちんと見定めるしっかり者。一方、寺脇さんが演じるのは、夫でフリーライターの和則。能天気で思ったことをすぐ口にするタイプ。2人が住む家は縁側が魅力的な古民家だが、和則は間取りの古臭さが好きになれない。リノベーションで広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと、依頼してくる。

 中山さんは今作について、「最初にこのドラマのお話を聞いたときは、『住宅リノベーションを通じて誰かの人生を応援する』というこれまでにない新しいタイプのドラマだなと思いました」と話し、「寺脇さんとは初共演なのですが、とても気さくで明るい方で、撮影はとても楽しかったです」と振り返る。

 寺脇さんは「リノベ―ションに限らず、住まいに関することは、誰もが興味のあるテーマだと思うので、すべての人に何かしらひっかかるところが出てくると思います」と語り、「(自身が演じる和則は)非常にウキウキした弾むような男なので、逆に妻役の中山さんには、どっしり受けていただいていて、2人のバランスはすごくいいんじゃないかと思います」とコメントしている。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画