井岡一翔選手:5回目防衛戦がParaviでライブ配信 元4階級王者とリベンジ戦

7月13日にParaviで試合がライブ配信される(左から)堤駿斗選手、井岡一翔選手、比嘉大吾選手 (C)TBS (C)トラロックエンターテインメント (C)志成ボクシングジム
1 / 5
7月13日にParaviで試合がライブ配信される(左から)堤駿斗選手、井岡一翔選手、比嘉大吾選手 (C)TBS (C)トラロックエンターテインメント (C)志成ボクシングジム

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔選手の5回目となる防衛戦の模様が、7月13日に動画配信サービス「Paravi」でライブ配信されることが7月6日、明らかになった。井岡選手は、元世界4階級王者で同級1位のドニー・ニエテス選手(フィリピン)の挑戦を受ける。

 井岡選手は、ニエテス選手とは2018年の大みそか、共に4階級制覇を懸けて対戦して敗れ、今回はリベンジ戦となる。

 併せて、同日行われるアマチュア通算13冠の堤駿斗選手のプロデビュー戦と、元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾選手の1年3カ月ぶりとなる再起戦の模様が、Paraviで独占ライブ配信されることが発表された。

 堤選手は、東洋太平洋フェザー級5位のジョン・ジェミノ選手(フィリピン)、比嘉選手は、元WBOアジア・パシフィック・スーパーフライ級王者のフローイラン・サルダール選手(同)と対戦する。

 試合はいずれも東京・大田区総合体育館で行われ、堤選手は午後6時、比嘉選手は午後7時半、井岡選手は午後9時にゴングの予定。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事