注目ドラマ紹介:「ちょこっと京都に住んでみた。」 木村文乃主演、ドキュメンタリー仕立ての話題作 筋書無しの会話展開

連続ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」第1話の一場面(C)テレビ大阪
1 / 4
連続ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」第1話の一場面(C)テレビ大阪

 女優の木村文乃さん主演の連続ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」(テレビ大阪・テレビ東京)が7月6日深夜に始まる。2019年12月にスペシャルドラマとして放送され、2019年度の第57回ギャラクシー奨励賞などを受賞した話題作。テレビ大阪開局40周年記念としての連続ドラマ版だ。テレビ大阪で水曜深夜0時、テレビ東京で水曜深夜2時35分に放送。「TVer」で見逃し配信、「ひかりTV」で全話独占配信される。

 テーマは「観光地に一切行かない京都案内」「住んでいる人しか知らない京都」。主人公の江東佳奈(木村さん)が、実際にある京都の店を訪ね、京都に暮らす人たちと筋書きの無い会話を楽しむ様子を、ドキュメンタリー仕立てで伝える。

 佳奈は母親と東京に住むデザイナー。昨年、大叔父の大賀茂(近藤正臣さん)の様子を見るよう母に頼まれて京都に滞在した。再就職先の長期出張で再び京都に滞在することになる。

 第1話は……長期出張で大賀茂宅から大阪へ通うことになった佳奈。早速、大賀茂にお使いを頼まれ、地図を片手に自転車で京都の街へ。帰ってくると大賀茂から友人の小山(古舘寛治さん)と吉田(玉置玲央さん)を紹介され、お使いで買ってきた物を並べて語り合う。そんな佳奈の「さみしい気持ち」とは……。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事